人気のキッチン用品「レミパン」とは

レミパンとは、料理研究家の平野レミさんが考案したフライパンで、主婦目線で作られています。使い勝手が良いため、主婦を始めキッチン用品として人気も高くなっています。
料理に役立つ工夫が多く取り入れられており、カラフルな配色も、可愛いアイテムを好む主婦に好評を得ています。

この調理器具には様々な工夫がされており、フタにある「開閉式蒸気穴」、フタが自立する「スタンド式」、豊富な調理方法があります。
「開閉式蒸気穴」は、調理途中で水を入れたり、調味料を入れることが容易にできます。
餃子などの水差しも、開閉式蒸気穴があれば、油ハネを気にすることがなく、キッチンもキレイに保つことができます。

次に「スタンド式」は、フタの取っ手がスタンドとして使用することができるため、狭いキッチンの場合でも置き場に困ることがありません。
また、立て置きにした際、フタについた水滴や油が落ちない工夫もされているため、狭いスペースでも置くことができ、キッチンを汚す心配もありません。
フタは、中身が見えるガラス蓋になっているため、調理の様子が見えるので、失敗もなく、美味しく調理できます。

そして、調理方法ですが、「揚げる」「焼く」「煮る」「炒める」「炊く」などの調理法が可能です。
「蒸す」事も専用蒸し台を使うことで可能となります。高密度三層のフッ素樹脂加工が施されており、傷がつくにくい上、食材の回転がしやすい鍋型の形状になっています。
電磁調理器200v対応になっているため、IHクッキングヒーターでも使用することができ、三層溶射になっているため熱伝導率も非常に高く、一般的なフライパンに比べて調理時間を短縮できます。

また、フライパン本体にフックが付いているため、壁に掛けて収納することもできますし、フタを裏返してフライパンに重ねるとコンパクトに収納することができます。
二つ以上レミパンがある場合には、すっきりと重ねることができるので、収納場所を取りません。

レミパンのお手入れ方法は、擦らずに優しく洗うことが大切です。
万が一焦げ付いてしまった場合も、お湯に浸しておくだけでキレイに摂ることができます。
フタがついていますが料理が入った状態でそのまま保存してしまうと、塗膜にある細かい甘に調理物の水分が入り込み、樹脂塗膜が押し上げられて水泡のようになり、水泡上のものが敗れると鍋肌が露出してしまうことがありますし、空焚きもフッ素樹脂加工が剥がれてしまうことがありますから、注意が必要です。

コメントはまだありません。

コメントする

 

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー